コラム

接触感染を防ぐためにできること

接触感染を防ぐためにできること

接触感染はあなどれない

昨年12月に都営大江戸線の運転士が、新型コロナウイルスに集団感染したというニュースがありました。

大江戸線は運行本数を減らすことで乗り切ることができましたが、もっと大きな規模のクラスターだったら、交通機関に大きな影響を与えることになったでしょう。

なぜクラスターは発生したのか?

その原因のひとつに「接触感染」が疑われています。

蛇口の接触感染だったのか?

水道の蛇口が接触感染を引き起こした?

報道によると、運転士が業務に備えて寝泊りする宿直施設にある「洗面所の蛇口」がクラスター発生に繋がったのではないか、ということです。

留意しておきたいのは、あくまで可能性のひとつであるということです。

宿直施設の供用部分は蛇口だけではないでしょう。

スイッチ類やドアノブの可能性も大いにあります。

ただ、接触感染が起こりうる環境であったことは間違いなさそうです。

従来の接触感染予防は地道で大変な作業

不特定多数の人が触れる場所はどこでも接触感染が起こり得ます。

例えば、

  • ドアノブ
  • スイッチ類
  • 蛇口
  • パソコン
  • テーブル
  • 椅子
  • 取っ手

もう共用部分であれば、ありとあらゆる場所が接触感染のリスクがあります。


これらのありとあらゆる場所にアルコールや次亜塩素酸水などで消毒作業を続けるのは、とても大変です。

誰かが触るたびに消毒をしなくては、完璧な対策とはなりません。

手の消毒はもはやマナーとして確立していますが、手で触れた場所の消毒になると難しいでしょう。

とはいえ、すべての場所を監視しながら消毒作業をするのは不可能です。


結果として、接触感染は起こってしまうのです。


最近はクラスター対策として、手で触れなくても水の出るセンサー式蛇口に改修するといった動きも見られます。

ですが、先ほども書いた通り、不特定多数の人が触れるのは蛇口だけではありません。

その蛇口が付いている洗面所周辺も、多くの人が触れているはずです。

センサー式蛇口はとても有効な対策ですが、残念ながらそのコストに見合う結果が出るとは思えません。

スプレクリンにできること

このような対策には、スプレクリンの抗菌・抗ウイルスコーティングが非常に効果的だと思います。

スプレクリンでコーティングされた場所は、細菌はもちろん、ウイルスも光触媒の力で不活化してしまいます。

どうせやるなら蛇口だけではなく、洗面所まるごと、いや、その建物内部をまるごと抗菌化、抗ウイルス化してしまえばいいのです。


スプレクリンなら不特定多数の人が触れる場所も、天井も壁も床もすべて抗菌・抗ウイルスコーティングすることができます。

水道の蛇口や手に触れる場所をセンサー化するよりも、ずっとコストや手間を抑えることができると思います。

コーティング場所の質感や色を変えることもありません。

パソコンや精密機械などにも、問題無くコーティングすることが可能です。


コーティングの持続効果も最低3年以上続き、メンテナンスも必要ありません。

ご自宅、オフィス、店舗、宿泊施設などを抗菌ルームにしてみませんか?


より安全な空間を作るお手伝いを致します。

抗菌・抗ウイルスコーティングをしよう!

あなたの周りもスプレクリンで
抗菌・抗ウイルスコーティングしませんか?

 

 

スプレクリンを始めよう!

 

  • ご家庭

  • 病院・クリニック・介護施設

  • ホテル・宿泊施設

  • 飲食店・店舗

  • 学校・幼稚園・塾

  • バス・タクシー・電車

  • 公共施設・イベント会場


など、あらゆる場所を抗菌・抗ウイルスコーティングできます!

 

さらには、防臭、防汚、防カビ対策にも大きな効果!

 

クラスター対策、感染防止対策の最先端ならスプレクリン。

 

 

私たちはスプレクリンで安心と安全という価値を提供します。

 

ATP検査をしませんか?

>>もっと詳しく見る

コメントを残す

*