気になる事

飲食店のクラスター対策は十分ですか?

飲食店の感染症対策

飲食店は苦境に立たされている

新型コロナの影響を大きく受けている業態の1つが外食産業です。


ステイホームに時短営業など、厳しい条件を突きつけれらているのが現状です。


GoToイートも一定の成果はあったとは思いますが、直近の感染拡大で一部限定的になったり、地域によっては除外の可能性も捨てきれません。


補助金やGoToイートもあくまで一時的な、その場しのぎの対策にしかならず、根本的な解決策は誰にも分からない状態です。


確かに感染拡大は怖いですが、お店が潰れてしまう方がもっと怖いのが、飲食店経営者の本音ではないでしょうか。


感染防止対策には限界がある

今や当たり前となりましたが、

  • マスク着用
  • アルコール消毒
  • 入店時の検温
  • 席数を減らす
  • アクリルパネルの設定
  • 定期的な換気

などは、もうどこでもやっています。


それが当たり前になった以降でも、
新型コロナは感染を拡大し続けているんですね。

感染防止対策が不十分というよりは、限界があると考えていいでしょう。

不特定多数の集まる場所では、どうしても感染リスクが高くなるのです。
それは飲食店だけではなく、電車や病院、学校、オフィスでも同じことです。


感染経路を意識した対策

新型コロナの感染は、主に

  • 飛沫感染
  • 接触感染

だと言われています。


飛沫感染に関しては、
マスクやフェイスガード、
ソーシャルディスタンスなどでリスクを下げることができます。


しかし、飲食店ではどうしてもマスクを外して食べる必要があるので、
当然、感染リスクは上がってしまいます。

ここが飲食店の感染対策を難しくしてると言えます。


「飲食店=感染リスクが高い」

というイメージが付いてしまったのです。


確かに、飛沫感染を防ぐのは難しいかもしれませんが、
接触感染なら努力次第で大きく感染リスクを下げることができます。


テーブルやイス、ドアノブなど、
不特定多数の人が触る場所を消毒していくのが効果的となります。


しかし、アルコールや次亜塩素酸水などの効果はあくまで一時的で、人が触るたびに消毒作業をするのは困難です。


しかも、消毒作業に掛かる手間やコストを負担し続けなければなりません。


いつも丁寧に消毒をしていても、
たった1回だけ忘れたり不十分だったりするだけで、接触感染は起こりうるのです。


お店ごと抗菌・抗ウイルス化する

そこでスプレクリンの登場です。


誰でも簡単に接触感染のリスクを、
確実に下げることが可能です。


なぜなら、テーブルやイスどころか、天井から床、窓なども含めて、
あらゆる場所を丸ごと抗菌コーティングができるからです。


独自の光触媒コーティング技術で、一度の施工で最低でも3年以上は剥がれない性能を実現したのも魅力となります。


スプレクリンをコーティングした場所では、細菌やウイルスがすぐさま分解されてしまうので、接触感染の発生を抑えることができます。


飲食店ですと、ノロウイルスやO-157などの食中毒のリスクにも大きな効果が期待できます。


感染対策はもはや基本サービス

どこのお店でも当たり前になった感染症予防対策は、もやは基本サービスと言っていいでしょう。


やってて当たり前となり、お客さんもそれを前提としています。


これからは、もう一歩踏み込んだ感染症対策を、考える必要があるのではないでしょうか。


より安全で安心できる環境を実現し、
それが差別化へと繋がる。


飲食店のイメージを良くするためにも、
スプレクリンがさらなる活躍をできることを願っています。




スプレクリンの詳しい情報はこちらから!

抗菌・抗ウイルスコーティングをしよう!

あなたの周りもスプレクリンで
抗菌・抗ウイルスコーティングしませんか?

 

 

スプレクリンを始めよう!

 

  • ご家庭

  • 病院・クリニック・介護施設

  • ホテル・宿泊施設

  • 飲食店・店舗

  • 学校・幼稚園・塾

  • バス・タクシー・電車

  • 公共施設・イベント会場


など、あらゆる場所を抗菌・抗ウイルスコーティングできます!

 

さらには、防臭、防汚、防カビ対策にも大きな効果!

 

クラスター対策、感染防止対策の最先端ならスプレクリン。

 

 

私たちはスプレクリンで安心と安全という価値を提供します。

 

ATP検査をしませんか?

>>もっと詳しく見る